fc2ブログ

柔らかな鎖

ARTICLE PAGE

痙攣

CategoryPresent









 




まだ痙攣が残っている中心部は


簡単に熱い舌の侵入を受け入れ


巧みなその動きに


酔い痴れる










そして


時を置かずして


また


新たな痙攣が起こる
















核と中心部を


何度も熱く尖った舌が往復し


終わりが来ることがない痙攣に


躰が


新たな刺激を欲していることに


気付く
















何が欲しいのか?




耳元で囁いて辱める














躰は十分すぎるほど


それを受け入れる準備が整っているのに


まだ


言葉に出来ない羞恥が


ココロに残り


口唇を噛む









躊躇する私を赦さない口唇が


核を含み

強く吸い上げ

曝け出す









大きくさせて

いやらしいな







そう云いながら



膨れ上がった核を


甘噛みされた瞬間




嬌声とも嗚咽とも判らないような


はしたない声を出して


私の腰が


上下に震える























そして

 もう一度


何が欲しいのかハッキリ言え



と責める















まるで


自分が欲っしている言葉を


早く聞かせろ



急かすように



















unnamed.png 











関連記事
スポンサーサイト



3 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2019/05/19 (Sun) 20:35 | REPLY |   

 芽生(めい)  

Re: 読むと

宵夜さま

訪問ありがとうございます

この場所を大切にしていこうと思っています

同じ感覚をお持ちの貴女に
この場所を見守って頂けたら嬉しいです

またのご訪問お待ちしております


2019/04/11 (Thu) 01:46 | REPLY |   

宵夜  

読むと

想い出してしまいます


私も
貴女と
同じ感覚を持っている一人です

これからも訪問させて頂きます
更新待っています

2019/04/10 (Wed) 08:13 | REPLY |   

Post a comment