FC2ブログ

柔らかな鎖

『唯一無二の存在』と信じ合い 彼を愛し彼に愛される日々を  赤裸々に綴っていきます       

堪らなくなって脚を閉じかけると両手で遮られ舌が中心の周りを周回し始める程なく固くなった秘芽を見付け 指で捲り上げ その核を晒す責められて十分膨れ上がった核に尖らせた舌が小刻な振動を与える無意識に腰が浮き両手で押さえられ舌で強く核を圧し潰された瞬間嬌声と共に大きな痙攣が襲う間髪入れず指で秘花が開かれ生温かな舌が 大きな水音を立てながらその中心にゆっくりと侵入する ...
Category Present
  • Comment 0
  • Trackback 0