fc2ブログ

柔らかな鎖

『唯一無二の存在』と信じ合い 彼を愛し彼に愛される日々を  赤裸々に綴っていきます       

透明な鍵

真夜中のヴェールに妖しく包み隠して大切に 大切に二人しか感じ取れない透明な鍵で施錠している秘密の小部屋その透明な鍵でそっと小部屋を開錠しそのヴェールを剥ぎ取ると眼前に露わに曝け出され指先で深奥へ差し拡げられ口唇で烈しく吸い取られ舌で執拗に圧し潰され切なく甘美な刺激に悦び震える姿欲望の前に従順に跪つき口を拡げて舌を出し思うままに口内を甚振られることに唾液を垂らしながら嗚咽し悶えるあられもない姿命令さ...
Category Future
  • Comment 10
  • Trackback 0